カテゴリ:観・映画( 58 )
ウィンストン・チャーチルとペンタゴン・ペーパーズ
f0179469_23015696.jpg

今日は少し風が強く 時々舞う桜吹雪
葉っぱが目立つようになりピンク色が少なくなってきた染井吉野
次は八重桜の濃い桃色ですね
その前に鮮やかな黄色が目に入ってきました

f0179469_23022715.jpg

「ウィストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

アカデミー賞で主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンの
特殊メイクを担当した辻一弘さんが日本人初のメイクアップ賞を受賞したことで
話題になりましたが スクリーンの中では特殊メイクだなんてとても思えませんでした
緊迫した時間が過ぎていく中で チャーチルと妻の時間が唯一ほっとする場面で
チャーチルが市民の声を聞く場面は感動しました

f0179469_23020931.jpg

ランチは五右衛門パスタで季節限定パスタ

f0179469_23022032.jpg

2本目は「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

スティーブン・スピルバーグ監督
メルリ・ストリープ
トム・ハンクス
予告編を観たときから とても楽しみにしていました
ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書の存在をスクープするも
記事を差し止めようとする政府と戦い 勝利する
どこかで聞いたことのあるような話ですが 結末は同じになるのでしょうか

一日に2本と少しハードでしたがどちらも実話をもとにした話しで
とても興味深い映画でした





[PR]
by kokeshi_1103 | 2018-03-31 00:00 | 観・映画 | Comments(0)
空海KU-KAI美しき王妃の謎
f0179469_19451185.jpg

「空海KU-KAI美しき王妃の謎」
空海を主人公にした小説を実写化した日中合作映画
小説の実写化ということを知らず タイトルの空海だけを見て
空海の歴史的な物語を期待して行った私は ちょっと期待外れでした

吹替え版しかなく 吉田羊さん 高橋一生さん 東出昌大さんなど
有名な俳優さんばかりで 声を聴くとお顔が浮かぶので
一層の事 ご本人達で観たかったなんて思ってしまいました

 一匹の黒猫がストーリーを進めていくのですが
小説で読むと面白そうでした

f0179469_19510657.jpg

映画のチケットでシネトクを使い
ランチにアイスクリームをつけてもらいました




[PR]
by kokeshi_1103 | 2018-03-25 00:00 | 観・映画 | Comments(0)
グレイテスト・ショーマン

f0179469_15045384.jpg

「グレイテスト・ショーマン」
19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル
今公開されることで 様々なメッセージが込められているかなと感じたり
ダンスシーンでは銀幕の中にいる観客と同じ場所にいるように楽しめました

表に出ないように生きてきた人たちが 精一杯自分自身を表現する姿
キアラセトルの「This is me」 涙がとまりませんでした

f0179469_15051482.jpg

帰りにカフェを覗いたら 清水焼の陶葊のカップで珈琲が飲めるとあったので
ほっと一息つきました

f0179469_15003287.jpg

午後からのオリンピックフィギアに間に合うように帰りました

羽生選手 金メダル
宇野選手 銀メダル

おめでとうございます 感動をありがとう!!


[PR]
by kokeshi_1103 | 2018-02-17 00:00 | 観・映画 | Comments(0)
嘘を愛する女
f0179469_18544313.jpg
第1回「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」でグランプリに輝いた企画を映画化したラブストーリー
「嘘を愛する女」を観てきました
映画は好きでよく観ていますが 最近ブログ記事にすることがなく久しぶりの投稿です

高橋一生さん 大河ドラマ「軍師官兵衛」の井上九郎右衛門が大好きでした
昨年の「おんな城主直虎」の小野但馬守政次もですが 時代劇のお芝居のファンです
現代物のドラマはあまり観たことがないのですが この映画は観たいと思ってました
 一瞬の感情の表し方という言い方が合ってるかわかりませんが
少ない出番の中で 存在感があり引き込まれました
今度は舞台も観てみたいです
f0179469_19011632.jpg

ランチは包みハンバーグSEN
シネトクチケットで50円引きでした

f0179469_18551598.jpg

バレンタイン前の休日とあって梅田はいつもより人が多く
お茶難民となり たどり着いたのがセ・シュクル・コロンバン
ミルフィーユのセットでほっと一息

f0179469_18550630.jpg

いままで行ったときはいつもカサブランカだったのですが
今日は真っ赤なバラとこでまりでした 薔薇が萎れてて残念
椿の帯が素敵なAさん

f0179469_18551064.jpg

私は総柄小紋に赤木紬松煙染名古屋帯
帯の柄に梅がちらっと入っています
 梅の根付に 紅梅色の帯揚げ


[PR]
by kokeshi_1103 | 2018-02-11 00:00 | 観・映画 | Comments(0)
シネマ歌舞伎
f0179469_18374606.jpg

シネマ歌舞伎
京鹿子娘五人道成寺/二人椀久

坂東玉三郎
中村勘九郎
中村七之助
中村梅枝
中村児太郎

f0179469_18375599.jpg

スクリーンで歌舞伎を観るのは初めてでしたが
細かい表情や衣装も観ることができて楽しめました
音響も工夫されていて 花道からの登場時は後方から聞こえてきました
出演者のインタビューや早変わりの様子などもありました

玉三郎さんの凛とした美しさ 声ではなく目や全身から伝わってくる心内
ありきたりの言葉しか思いつかないのですが 素晴らしかったです

f0179469_18343438.jpg

ランチは開花亭

牛フィレステーキ丼

f0179469_18343094.jpg

丸福珈琲店で苺のタルト

f0179469_18341478.jpg

結城紬に栗山工房竹染帯 細見華岳綴帯締め


[PR]
by kokeshi_1103 | 2018-01-28 00:00 | 観・映画 | Comments(0)
Start Line

f0179469_20184936.jpg

スタートライン

聴覚障害を持つ女性映画監督 今村彩子さんが
自転車で日本縦断にチャレンジするドキュメンタリー映画です
映画を観たあと 今村さんの講演がありました

旅を通して出会う人々とのコミュニケーションがテーマですが
伴走者哲さんとの会話の中で見えてくる 自分自身

ドイツ・ニッポンコネクションで観客賞を受賞されました

f0179469_20152708.jpg

ステラ
熱々もちもちダッチベイビー

f0179469_20152320.jpg

サークルのお仲間と感想を語りあいました


[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-07-01 00:00 | 観・映画 | Comments(0)
「美女と野獣」吹替版
f0179469_21552597.jpg


「美女と野獣」吹替版キャスト

普段吹替え版はほとんど観ません
今日はKちゃんと一緒だったのでしかたなく・・・
そう思っていたのですが 
吹替のキャストが素晴らしく 終わってから名前を見て納得しました
声だけでは勿体ないくらいの面々
一つの舞台が出来上がりますね

オリジナル版も観てみたいです



[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-06-10 00:00 | 観・映画 | Comments(0)
沈黙
f0179469_19245684.jpg

遠藤周作原作「沈黙-サイレンスー」
巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ
キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきた
ポルトガル人宣教師の目を通し 人間にとって大切なものは何か
人間の弱さとは何かを描き出しています

原作「沈黙」は中学生の時に読みました
でも 内容は全然理解できていなかったと思います
今もう一度読めば少しは理解できるでしょうか

人間の思想は自由です 宗教も自由です
でも 大事なのは自由の意味を取り違えてはいけないこと
のような気がします
方法はどうであれ 原因がどうであれ
人が人の命を奪ってはいけない
のです





[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-01-30 00:00 | 観・映画 | Comments(0)
君の名は
f0179469_19353249.jpg


「君の名は」新海誠監督


人の記憶はいつしか薄れ
思い出すこともなくなってしまう


そこで起こったことを
そこにいた人のことを 
名前を忘れてしまう


誰かとすれ違ったとき あ…と思うときがあります
もしかしたら 
いつか どこかで つながっていたのかもしれません





日本のアニメは素晴らしいです




[PR]
by kokeshi_1103 | 2016-08-29 00:00 | 観・映画 | Comments(0)
エール
f0179469_17572977.jpg


フランス映画エール

家族の中で聞こえるのは1人だけ
ポーラは家族の中で必要な自分と 自分自身の夢との狭間で悩みます

映画の中で ほんの少しの時間だけ
聞こえない人の状況が解る時間があります
ポーラが歌っているとき 全く無音になるのです

ポーラがパリに歌のオーディションを受けに行くと伝えたとき
受かったら家族から離れパリで勉強することになります
お母さんは 家族から離れることを選択した娘に 育て方を間違ったと言います
ポーラが聞こえる子供で生まれてきたとき 聞こえない夫婦に育てられるのか
自信がなかったと嘆くお母さんを 慰めるお父さんに ポーラがいいます
パパも同じだったのかと

どうしろというのだ

お父さんの呟いた言葉がとても切なくて・・・
ラストシーンの感動だけではなく
聞こえない人の文化もきちんと描かれた映画だと思いました

手話を知っていると 海外の手話を見ても解る?と聞かれます
手話は言語です 英語やフランス語などがわからないのと同じように
手話も各国によって違うので解りません
その中でも似た単語はあるので なんとなく解ることもありますが

でも 手話は見る言葉なので 
表情で感情は読み取ったり 伝えたりすることはできると思います




[PR]
by kokeshi_1103 | 2015-11-02 00:00 | 観・映画 | Comments(0)