伯母の着物
f0179469_20073114.jpg

母の姉で95歳になる伯母と 90歳になる伯母がいます
二人とも耳が聞こえにくくなり 歩くのが大変なようですが 
頭もしっかりしており お元気です
実家に行くと 二人に電話をしますが
90歳の伯母が 私に譲りたい着物があるから見にこない と言うので
久しぶりにお喋りも兼ねて 行ってきました
延々とお喋りが続きますが 昔の事だけでなく最近の事まで
とにかくよく覚えています 私より記憶力が良いです!

f0179469_20072855.jpg

母も着物が好きな人でしたが 二人の姉達も同じです
箪笥から一枚ずつ出してきて その着物や帯にまつわる話をしてくれます
反物を選んだ時の話しや 何かがあったので合わせて作ったなど
それはそれは 楽しそうでした
私も着物好きなので その当時の伯母の様子が見えるようで楽しかったです
「貧乏やったのに なんでこんなにあるのかなぁ」と笑いながら言う伯母が可愛らしく
その大切な着物を私にと 思ってくれることが嬉しいです

電車だったので全部持って帰ることは出来ず
 色留袖と付け下げ小紋の2枚だけ頂いてきました

95歳の伯母は和裁を 90歳の伯母は洋裁をしていました
ちなみに母はレース編みが得意だったかなぁ(笑)

f0179469_20080051.jpg

実家に帰って着てみました


色留袖は まだまだ地味やね~と言いながら持たせてくれました(笑)
90歳の伯母でもまだ着れると思いますが
身体が一回り小さくなって 今はもう着れないそうです
見たときは 地味・・・と思ったのですが着てみると帯次第で着れないことはないかな
そういう年齢になったということですね・・・

f0179469_20072438.jpg

付け下げ小紋は 上に行くほど模様が細かくなっています
実家に置いてる帯で合わせると いまいちですが
明るくて重宝しそうな一枚です

f0179469_20072112.jpg

縮緬染帯に変えてみました

自宅に帰って色々な帯をのせてみたいと思います


[PR]
by kokeshi_1103 | 2018-05-05 00:00 | 着物 | Comments(0)
<< 大阪国際空港 雨待花 >>