<   2017年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
トラットリア コチネッラ

f0179469_19365598.jpg
トラットリア コチネッラ
f0179469_19364227.jpg

アンティパスト・ミスト
日によって変わるようで 内容は壁のボードに書かれていました

f0179469_19364518.jpg

ペスカトーレ

ランチコースではパスタか肉を選んでくださいとなっていますが
二人で一つずつお願いすると 分けて出してくれました

f0179469_19364931.jpg

本日のお肉料理は 牛&豚&鳥 三種類

パスタもお肉も半分ずつでちょうどいいくらいでした

f0179469_19361284.jpg

自家製パンとドルチェ&珈琲

f0179469_19363792.jpg
こじんまりした店内ですが スタッフの笑顔が素敵でした
f0179469_19361828.jpg

すぐ近くにあるパン屋さん サ・マーシュ

歩いてるだけでは気づかないと思いますが
素敵なエントラスの奥にあるカフェのようなパン屋さんです

f0179469_19365966.jpg

そして ル・パン
ホテルラ・スイートの朝食で有名ですね




[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-09-25 00:00 | 食・兵庫 | Comments(0)
神々の土地
f0179469_19413562.jpg

宙組 トップ朝夏まなとさんのさよなら公演
「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」
「クラシカルビジュー」

久しぶりにしっかりとしたお芝居を観たという感じがしました
もう少しこのメンバーで お芝居が観たかったなぁ

f0179469_19411591.jpg

この並び 久しぶり♡

f0179469_19410931.jpg

いつもの掘りごたつ個室で
今日はお蕎麦定食にしました
ゆっくりお喋りできるので 有難いのですが
メニューが少ないのと 食後のお茶が出来ないのが難点

新しく建設される宝塚ホテルに ランチ&お茶のできるお店が
沢山入ってくれることを祈ります

f0179469_19405439.jpg

本塩沢単衣に 葡萄唐草塩瀬名古屋帯
単衣襦袢 衿は楊柳
今日は最高気温30度 いつになったら涼しくなるのでしょう
暑かった・・・

白く映っているところは 鏡の汚れです
慌てて拭いたので所々に残ってしまいました^^;


[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-09-24 00:00 | 観・宝塚 | Comments(0)
玉子焼き
f0179469_21215252.jpg

玉子焼き(明石焼き)を食べに明石までびゅーんと
というほどでもなく 実家からは車で30分くらいです
お出汁につけて食べるのが一般的ですが
塩をつけてお召し上がり下さいと書いてあったので
2~3個は塩で試してみました
でもやっぱりお出汁ですね
子どものころを思い出して ソースをつけてからお出汁をつけても2~3個
これも懐かしい味です~
一人前20個ですが ペロッと食べてしまいました

f0179469_21215544.jpg

本家きむらや
早くにお店に入りましたがそれでも何人か先に並んでました
お店を出たときには長蛇の列

f0179469_21214385.jpg

実家では なぜか駄菓子を買ってしまいます(笑)


[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-09-17 00:00 | 食・兵庫 | Comments(0)
大手まんぢゅう
f0179469_18505293.jpg

日本三大饅頭と言われる 大手まんぢゅうをいただきました
甘酒のコクが餡の甘さをほどよく調和したまろやかな味が特徴です

f0179469_18504614.jpg

青森フジ林檎蒸し
蒸しパンの下に林檎のゼリー

蒸しパンとりんごのゼリーをドッキングさせるアイディアが楽しいです

f0179469_18504326.jpg

着物は首顔手以外は全て布で覆われています
反物で気に入った物を見つけても 全身に纏うとイメージと違うことが多々あります
そのために呉服屋さんではピンワークをしてくれますが
客観的に見てみたいと思うときもあります
そんな時 着姿の写真が一緒にあると便利ですね



[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-09-16 00:00 | 着物 | Comments(0)
前田珈琲明倫店
f0179469_21203060.jpg

クラブハウスサンド
注文してからお時間をいただきますとメニューに書かれています
ボリューム満点でサラダもたっぷり

f0179469_21200028.jpg

前田珈琲 明倫店
廃校になった明倫小学校の建物が京都芸術センターとして生まれ変わり
教室の一室がカフェとなっています
昔はどこの小学校にもあったと思う 二宮尊徳像
こちらのは可愛らしいお顔をされてました
私が通ってた小学校にあった二宮金次郎さんはもう少し大人っぽいお顔だったような


[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-09-15 00:00 | 食・京都 | Comments(0)
澤正
f0179469_22112852.jpg

澤正 そば会席

f0179469_22101312.jpg

オリジナル梅酒

f0179469_22101758.jpg

八寸

f0179469_22102466.jpg

温鉢

f0179469_22103088.jpg

小鉢(4人分)

f0179469_22103561.jpg

焼物

f0179469_22104138.jpg

蕎麦

f0179469_22104589.jpg

ご飯

f0179469_22105651.jpg

洋館に場所を移して

f0179469_22110263.jpg

菓子

f0179469_22095833.jpg

貿易商の迎賓館だった建物です

f0179469_22094957.jpg

登録商標を持つ そばボーロ
今でもお水を使わない製法で作っているそうです

f0179469_22095453.jpg

今日から単衣ですが
京都の最高気温は33度予想 襦袢は夏物で衿だけ衣替え



[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-09-10 00:01 | 絹の会 | Comments(0)
写経体験
f0179469_21412823.jpg

真言宗泉涌寺派 泉涌寺別院 雲龍院
悟りの窓

f0179469_21415793.jpg

蓮華の間
四つの窓からは 椿 灯篭 紅葉 松 が見えます

f0179469_21414976.jpg

写経を始める前のお清め
丁子 塗香 洒水

f0179469_21414579.jpg

御水尾天皇よりご寄進された写経机

f0179469_21411611.jpg

朱墨での写経 

f0179469_21415423.jpg

徳川慶喜寄進の石灯篭

f0179469_21420647.jpg

菊のご紋の水琴窟

f0179469_21413333.jpg

写経の後にいただくお茶

f0179469_21413789.jpg

泉涌寺は皇室とのご縁が深く
天智天皇以来の歴代天皇の御尊牌が奉祀されています


[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-09-10 00:00 | 絹の会 | Comments(0)
奥入瀬渓流

f0179469_20053266.jpg
富士山を右手に向ったのは
f0179469_20052816.jpg

青森
今では記念館になっている青函連絡船

f0179469_20051179.jpg

ねぶたの迫力を間近に感じ 目の前で津軽三味線の演奏も聞けました

f0179469_20050634.jpg

「奥入瀬」という歌を初めて聞いた時
なんてきれいな歌だろうと思いました

f0179469_20050105.jpg

いつか この目で見たい 歩きたいと ずっと思っていました

f0179469_20045786.jpg

一日目は石ケ戸から雲井の滝まで

f0179469_20045321.jpg

二日目は雲井の滝から十和田湖まで歩きました

f0179469_20044876.jpg

渓流の途中には沢山の滝がありますが 最後の滝

f0179469_20113890.jpg

銚子大滝

f0179469_20114753.jpg

十和田湖では遊覧船に乗りました

f0179469_20043256.jpg

ホテルのレストランでディナー

f0179469_20044195.jpg

一日目だけ 着物に着替えて行きました

f0179469_20042778.jpg

ホテル内には 岡本太郎氏の作品がいくつかあります

f0179469_20041843.jpg

3日目は 八甲田山にロープウェイで上りました

f0179469_20041346.jpg

新田次郎氏の本や映画でも有名な 八甲田山雪中行軍遭難
立ったまま気を失って見つかった後藤伍長の銅像が実際の場所に立っています

f0179469_20040970.jpg

三内丸山遺跡

f0179469_20043648.jpg

今回の旅で美味しかったもの
のっけ丼 ホタテ朝ラーメン
リンゴパイ りんごパンケーキ&生しぼりりんごジュース

f0179469_20040142.jpg

帰りは夕焼けに包まれながら





[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-09-01 00:00 | 絹の会 | Comments(0)