<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
長崎

f0179469_20575991.jpg

4年前 初めて広島を訪れたとき
長崎にも行かないといけない と思いました

平和の像はとても優しい顔をしていました

f0179469_07250456.jpg
上空を指す右手は原爆の脅威を
水平に伸びた左手は世界平和を
軽く閉じた瞼は 原爆犠牲者の冥福を祈っています

f0179469_20574850.jpg

原爆の落下中心地は平和公園から少し離れたところにあります
この上空500メートルの所で原爆が爆発しました
長崎に投下された原爆は広島より大きなものだったことはあまり知られていません

原爆資料館では核兵器の恐ろしさ 戦争の愚かさ悲惨さ
そしてなにより 平和の尊さを強く感じました

連日ニュースで報じられている北朝鮮の核実験予想
広島 長崎の人々はどんな想いで聞いておられるのかと
考えると 心が締め付けられる気がしました

f0179469_20574040.jpg

爆心地から800メートルの山王神社 二の鳥居
原爆で片方の鳥居が飛ばされ 1本足で現在も立っています

f0179469_20573626.jpg

爆風で葉を飛ばされ丸裸となり 熱風で木肌を焼かれた大クスの木
枯死寸前となりながら 息を吹き返しました

f0179469_20581083.jpg

大浦天主堂の正式名は 日本二十六聖殉教者聖堂と言い
秀吉によって処刑された二十六聖人に捧げられたものです
日本之聖母像

f0179469_20580584.jpg

鎖国時代 唯一の窓口だった出島
長崎奉行所から見下ろせる港に人工の月形の島を作り
オランダ人を島の中に住まわせ見張っていました

f0179469_20582116.jpg

日本に西洋技術を伝えたトーマス・ブレーク・グラバー

f0179469_20561220.jpg

旧グラバー住宅
国内に現存する最古の木造洋風建築です

f0179469_21305692.jpg
眼鏡橋
日本最古のアーチ型石橋
左の石垣にはハート型の石があり 学生さん達が記念撮影をしていました
f0179469_21004773.jpg
長崎チャンポン 佐世保バーガー
匠寛堂のカステラ 皿うどん
f0179469_21070817.jpg
最終日の朝は 窓から日の出を見ることができました

夜は宝石をちりばめたような長崎の夜景を一望できるお部屋で
幸運なことに 帆船祭りの花火も楽しめました

f0179469_21433335.jpg
グラバー邸でAさんと
今回は二人だけの絹の会でした

f0179469_21144897.jpg
大島紬に オランダ二話の名古屋帯

3日間のうち半分を着物で過ごしました
のんびりしたいい旅でした





[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-04-22 00:00 | 絹の会 | Comments(0)
ハウステンボス
f0179469_21440009.jpg
絹の会2人旅 長崎3日間
初日はハウステンボスでした


f0179469_20560098.jpg

専用クルーザーでホテルヨーロッパへ
いつでも生演奏が聞こえてきます

f0179469_20560865.jpg

夜は全く別の顔に変身
ホテルのナイトコンサートには着物で行きました
オペラ ダンス ピアノ チェロ バイオリン

f0179469_20561673.jpg

光の王国 別世界です

f0179469_21445629.jpg

海外に来たかのような錯覚に陥ります

f0179469_21465501.jpg

クルーズのあと 着物に着替えて散策しました

f0179469_07250904.jpg






[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-04-21 00:00 | 絹の会 | Comments(0)
スカーレットピンパーネル
f0179469_20412408.jpg

星組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」
紅ゆずるさんのトップお披露目
初演から何度か観ましたが ナンバーも良く
お話しも面白い演目
演じる人によって全体のイメージががらっと変わることも面白いです
紅さんは個性的な役者さんですので これからは
オリジナルで紅さんに合ったお芝居を期待しています

f0179469_22160124.jpg

階段撮影は2回に分けて
mayちゃん 琴さん お久しぶりのTさん

幕間 終演後のランチともに ゆっくりとお喋りできて楽しかったです

f0179469_22160685.jpg

薄い藤色に染めてもらった無地結城 薄いピンクにも見え重宝しています
帯はクメール織の袋帯
帯締めは有難いご縁で手元に届いた細見華岳さんの綴れ

177.png

クメールシルクは先日「情熱大陸」でも紹介されていました
カンボジアの長い内戦で途絶えかけていた伝統工芸クメールシルクを
日本人の友禅職人だった森本喜久男さんが再興させました
森本さんは森を買い養蚕から織まで村人の手で出来るようにし
余命宣告されながらカンボジアの地で頑張っておられます
そんな大切なシルクを帯に仕立てたものを身に着けることが出来幸せです

f0179469_09485639.jpg





[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-04-16 00:00 | 観・宝塚 | Comments(0)
Cafe婆沙羅
f0179469_20254151.jpg

雨にも負けず風にも負けず 
今年の桜は長く楽しませてくれます

f0179469_20245151.jpg

Cafe婆沙羅 うさぎ堂

f0179469_20244763.jpg

14品目の田舎御膳
ご飯とお味噌汁はおかわりできます

f0179469_20240051.jpg

カフェ モロゾフに移動

久しぶりに語りました(笑)


[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-04-15 00:00 | 食・大阪 | Comments(0)
毘沙門堂
f0179469_19304997.jpg

くもり空の中 毘沙門堂へ行ってきました

f0179469_19310140.jpg

毘沙門しだれ

f0179469_19305656.jpg

見事なしだれ桜だけでなく 沢山の桜が見ごろでした

f0179469_19303852.jpg

山科疎水は菜の花と桜のコントラストが綺麗です

f0179469_19304497.jpg

黄色の菜の花がくもり空を明るくしてくれます

f0179469_19301526.jpg

ランチは山科駅そばのシチューのお店 炎の池
お肉が柔らかく沢山入っていてボリューム満点です


[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-04-10 00:00 | お花 | Comments(0)
お雛様
f0179469_11081603.jpg

毎年 桃の節句には着物を着てお雛様の前で写真を撮っていますが
今年の2月3月は 色々な事が重なり毎日余裕なく過ごしていました
気になっていたのですが どんどん日が過ぎて行き 気が付けば4月
もう お雛様片付けてるだろうから 今年はごめんねと思ってると
「もしかしたら写真撮るかな~と思ってまだ出してます」
私が忙しくしていることを見て 何も言わずそのままにしていてくれたようです

f0179469_07571092.jpg

満面の笑顔の3人(^^)
小さいKちゃん3歳のお誕生日と K君入学のお祝も兼ねて
ちょうど良かったです
ちなみにK君はカープファンではありません(笑)

今年も笑顔いっぱいの年になりますように



[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-04-09 00:00 | 着付け | Comments(0)
お友達の結婚式へ
f0179469_09131953.jpg
今日はお友達の結婚式へ列席のRママ
昨日の入学式に続き訪問着
式場に入るまでなんとか雨にも降られなかったようで良かったぁ

f0179469_08220406.jpg

今日は一人なので華やかな訪問着で
地色は薄いピンク 
写真の色が飛んでしまってますが 刺繍半衿に黄緑の伊達衿
帯締めは黄緑とオレンジ 帯揚げは宝づくしの刺繍入りピンク
若い人は華やかでいいですね♡





[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-04-08 00:00 | 着付け | Comments(0)
入学式
f0179469_14311688.jpg

満開の桜を待って しとしと降る雨
花びらを落とさないように しとしとと・・・

雨の合間に 入学式

f0179469_11081358.jpg

Kくん ピカピカの一年生おめでとう
Rママは扇面に流水の訪問着


[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-04-07 00:00 | 着付け | Comments(0)
栗山工房
f0179469_22261096.jpg

山の緑 川のせせらぎ 残念ながら桜はまだ固い蕾でしたが
満開の光景を思い浮かべるだけでうっとりです

京都高尾 こだわりの染色工房 和染紅型 栗山工房

f0179469_22254969.jpg

栗山工房で20年間お仕事されてきた澤田麻衣子さん
4月に独立されることになり
いつか工房に遊びに行かせてくださいと言いながら そのままになっていたので
退職までにと 皆さんで伺いました

澤田さんに工房を案内していただきました
全て手作業で気の遠くなる作業です
一つ一つ細かく解りやすく説明していただき
改めて職人さんの技術あっての着物や帯なのだと感じました
大事に大事に着させていただかなくては!

f0179469_22255729.jpg

澤田さんの説明と実際の作業を見比べながら
反物をまじまじと見る私たち 
素敵な反物ばかりで とても楽しかったです

f0179469_22255268.jpg

最後に出来上がった反物も沢山見せていただきました
鮮やかで可愛いものがいっぱい 

f0179469_22254385.jpg

工房の前で 澤田さんと記念撮影
琴さん mayちゃん Aさんと

f0179469_22262876.jpg

工房に伺うまえにランチは烏丸のやまや

f0179469_22262177.jpg

帰りにお腹すいたねと 進々堂でフルーツサンドとクリームパン

f0179469_22260376.jpg

ピンクの花織に フリージア帯(澤田麻衣子さん作)


[PR]
by kokeshi_1103 | 2017-04-03 00:00 | 着物 | Comments(0)