梅田で花組

f0179469_23254317.jpg

いつもの宝塚村ではなく大阪のど真ん中梅田で宝塚観劇
茶屋町にある梅田芸術劇場 昔の梅コマですね 飛天の時期もありました
同じビル地下にあるシアター・ドラマシティ
今回はこの二つの劇場で花組公演を観てきました

f0179469_23255744.jpg

昼の部は ドラマシティー「カナリア」作・演出/正塚晴彦
以前宝塚大劇場に併設されてるバウホールで上演された作品の再演です
初演は観ることが出来なかったのですが とても評判が良く一度観てみたいと思っていました
コミカルで大人っぽい中にも可愛さがあるミュージカル
心の奥底にある善悪をうまく表していて 最後にはこころ温まるまさに正塚ワールド!
正塚先生はとてもロマンチストな男性なのでしょうね
いつも台詞に「うん」と言う返事を使われるのですが それが可愛いのです♪
今回皆さん適役で観ていて気持ちがいいというか いい舞台でした

f0179469_23261193.jpg

夜の部は「小さな花がひらいた」「ル・ポアゾン~愛の媚薬」
こちらの2作品も再演物で どちらも大好きな作品です
これはハシゴをしてでも観に行かねば!と一日で2公演観ることになりました

「小さな花がひらいた」は山本周五郎「ちいさこべ」が原作で何度も再演されている名作
悪い人が一人も出てこないという ほっこりする物語です
歌がとても好きで イントロが流れるだけで目が潤むほどいい歌なんです
主人公茂次の男っぷりには惚れ惚れします けなげなおりっちゃんと結ばれて本当に良かったー
重要な役どころ“くろ”は初演から名だたる人が演じてこられてますが(真矢みきさんも)
今回もとても味のある“くろ”でした

「ル・ポアゾン」は岡田敬二先生のロマンチックレビューシリーズの一つで人気作品
初演は剣幸&こだま愛ゴールデンコンビのさよなら公演でした
内容は少し変わってますが 所々さよならの演出らしい所が今でも残っていますね
初演の舞台を懐かしく思い出しました

ハシゴで観ても全然疲れず 逆にとても楽しめたのは作品が皆良かったこと
役者さんが皆さん適役だったこと
それに どれも大好きな作品だったこと!!

「小さな花がひらいた」は東北でも上演されるそうです
最初聞いた時はあまりにも現実的で辛いのではと思いましたが
きっと花組の皆さんが元気と勇気を届けてくれると信じています





[PR]
by kokeshi_1103 | 2011-10-22 00:00 | 観・宝塚 | Comments(4)
Commented by W at 2011-10-23 13:35 x
久しぶりにお会いできて、とっても楽しかったです!
なんだかずっと笑いっぱなしだったような気がします^^
3本続けて観たのに、どれも楽しかったのであっという間でした!!
全部再演ものだったんですね。
今見ても大満足の素敵な公演ばかりで、宝塚ってすごいな~って思いました。
6日もよろしくお願いします♪
Commented by こけし at 2011-10-23 21:22 x
Wさん こんばんは♪
私も久しぶりに笑わせていただきました(笑)
2公演続けて観たのに本当にあっと言う間でしたね
どれもみな、ほっこりする作品だったからかもしれませんね
新作もいいけど、いい作品は何度も再演してもらいたいです
6日は着物でお会いできますように^^
Commented by makokichi at 2011-10-24 20:13 x
3本て~なんとも贅沢な1日!!
案外、大好きなスターさんが出演なさってたら
1本でヘトヘトでしょうね。

いつも轟さんの見た後は、
テンションあがりすぎで~
ヘトヘトでした~。
Commented by こけし at 2011-10-24 21:37 x
makokichiさん こんばんは♪
贅沢な一日でした~楽しかった~!
本当ですね、大好きなスターさん3本だったら
ヘトヘトだったかもです(笑)
今はトップさん以外は顔と名前が一致しない状況なので
逆に楽に楽しめてるのかもしれません~♪
又ご一緒しましょう~
<< 麺匠の心つくし つるとんたん ツイッターもどき・その参 >>