お茶屋さん

京都祇園で100年を越えるお茶屋吉うたさんで 遊ばせていただくという貴重な経験をしてきました
「祇園小唄」はこの吉うたさんの2階で作られたそうです
4代目女将さんが京都の師匠と同じ狂言をされることから 特別な計らいで実現したこの企画

f0179469_994342.jpg

玄関の小屋根の上には魔除けの鐘馗(しょうき)さんがいます
お庭には立派な松の木が 二階のお座敷からも絵画のように観ることができます

f0179469_9142088.jpg

井戸には塩でお清めがされています

f0179469_9162212.jpg

二階のお座敷に上がり ここでお遊びが始まるのね~と思っていると
女将さんから ご挨拶と 吉うたさんの歴史や 舞妓さん芸妓さんの説明がありました
そしていよいよ 舞妓さんの踊りです♪ ワクワク♪
6メートルもあるダラリの帯が可愛い~です

f0179469_9203680.jpg

指先までピシッと! 近すぎて二人一緒の写真が撮れません^^;
「都をどり」の期間は ハードスケジュールだったそうですが さすがプロです

f0179469_9223380.jpg

今年 衿かえ(舞妓から芸妓になる)をされる お姉さん格の舞妓さんはさすが色っぽいですね
奥で三味線を弾いている地方さん 舞妓さんの踊りに合わせるために目が真剣です
当日のメンバーは お座敷に来て初めてお会いするのだそうで 日々の精進が大切ですね

f0179469_9312159.jpg

二人並ぶと艶やか~ 可愛い~

f0179469_9315959.jpg

舞が終わり 酒宴の席では 笑顔が可愛い舞妓ちゃん(^^) 

f0179469_9332669.jpg

妹舞妓さんの 「割れしのぶ」 鹿の子が前と後ろに二つついてます

f0179469_9363251.jpg

姉舞妓さんの 「おふく」
簪が豪華になります 今の季節は 藤 
変身舞妓さんは好きな物を付けるので 季節と合わないものをつけてる人が多いと言われてました
そういうところも見る人が見たら 解りますよね

この髪型 寝るときはやっぱり時代劇で見るあの硬い枕だそうで 
土台になる結わいさえ解けなければ 自分でなんとか修正できるとか スゴイ!
 
翌日にどうしても洋服が必要な時があり この頭のまま試着室で着物を脱いでワンピースを試着したことがある
と言うエピソードを話してくれたりと とても可愛い舞妓ちゃんでした(^^)
芸妓になると 甘えは許されないけど 早く芸妓になりたいんだって!もうすぐね~

f0179469_9495710.jpg

帯留めは 家のお宝 豪華ですね~☆ 豚の根付けがとっても可愛いかったです

f0179469_9514997.jpg

帯締めも専用の太さで 男衆(おとこし)さんが グッと締めてくれるのだそうです


f0179469_9543260.jpg

地方のお姉さんに 袖の柄を見せるためにポーズを教えてもらってる二人

f0179469_955547.jpg

こうですか~?なんか違う・・・^^; 袖を長めに仕立ててるお姉さん 
背があるのと 長いほうが柄も綺麗に見えるし 長襦袢を合わせたらいいことだと言われてました
先生がいつも言われるように 49センチにこだわらず 自分に合った丈を見つけることが大事ですね

「美しい着物」の1ページを飾ったことのある君鶴さん(NO.230 P148) 三味線もさることながら お声が素晴しい!
なんと なんと まだ20代だそう この貫禄はどこからくるの!?

舞妓さん 芸妓さんだけでなく 地方さんも結婚したら辞めないといけないのだそうです
もったいないですね・・・

f0179469_1043431.jpg

日頃 聞けないようなお話も沢山してくださって とても楽しい時間でした
舞妓さんの可愛らしさだけでなく 育て支える 置屋さん お茶屋さんのご苦労もお聞きし
伝統を受継ぐということは とても素晴しいことですが 本当に大変なことなのだと 改めて感じました

おかあさん おおきに~


[PR]
by kokeshi_1103 | 2010-05-08 00:01 | 着物 | Comments(10)
Commented by may at 2010-05-09 12:36 x
私も舞妓さんの可愛らしさよりおかあさんの話がとても楽しかったです(笑)
それに舞妓さんといえどもお座敷以外は普通の人なのにいろいろ苦労があるんですね。
ボディーガードをしてあげたいくらいです(笑)
小さな世界で広い世界の人たちを相手にして伝統を守り続けて行く努力には(お金もかけなきゃならないし)
すごいなあと思いました。
これから京都で舞妓さん(本物)を見たらキャ~~と思うより
「頑張って」と励ましてしまいそうです(笑)
Commented by 風子 at 2010-05-09 13:59 x
こんにちは、初めてお邪魔させていただきます。
mayさんに教えていただきました。

昨日、ご一緒した風子、と申します。
お茶屋さんでのひと時、ほんとうに素敵でした。
これをご縁によろしくお願いいたします。
Commented by W at 2010-05-09 20:00 x
本当に素敵なひと時でした。
舞妓さん、お姉さんそしてお母さん。
それぞれにご苦労や努力があるはずなのに、いつも華やかでにこやかで。
本当にこれからは「がんばって!」と後ろから影ながら応援したい気持ちになりました。
なんて思う一方で、舞妓ちゃんは可愛いし、お姉さんとお母さんは素敵だし。
気持ちはすっかりおじさんになってました^^;
Commented by emy at 2010-05-10 12:40 x
ため息が出ます。。。本当に素晴らしい文化ですねぇ。
白塗りしても、髪を綺麗に結いあげても、
何をしてもやっぱり別嬪さんは良いですね~。
演者さんだけじゃなく、
大人の女性が着物でお茶屋さんで遊ぶお姿も
皆さんほんとに素敵です♪
Commented by こけし at 2010-05-10 18:26 x
mayちゃん こんばんは♪
まだ10代なのに大人の世界の接客をするだけでも偉いのに
日頃の努力と苦労も顔に出さず、本当に感心したね~
おばちゃん、見習わなくっちゃ!って思ったわ
本当~これからは「頑張って!」って思うでしょうね
ボディガードしてあげたい!!
Commented by こけし at 2010-05-10 18:29 x
風子さん こんばんは♪
ようこそ^^お越し下さってありがとうございます
楽しいひと時でしたね
風子さんを最初見た時、お茶屋さんの方だとばかり・・・
着物が本当によくお似合いで、藤の帯もとても素敵でした
これをご縁にこれからもよろしくお願いします
又お会い出来る日を楽しみにしています
Commented by こけし at 2010-05-10 18:32 x
Wさん こんばんは♪
心の中の小さなおじさんが喜んでましたね(笑)
可愛いだけでなく、日頃聞けない苦労話なども聞けて
さすが、プロだな~って感心しましたね
お姉さんの三味線と唄も素敵だったし、女将さんも格好良かったし
殿方だけの遊びにするのは、とても勿体ないですよね(^^)
又行きたい(笑)
Commented by こけし at 2010-05-10 18:36 x
emyさん こんばんは♪
花街を引き継いでいくには相当な苦労がおありでしょうけど
やっぱり、いつまでも残してほしいものですね
これは、男性だけでなく、着物女子も充分に楽しめる粋なお遊びだと思います
こんな企画がもっともっとあればいいですね~
Commented by kaokaolululu at 2010-05-11 08:24
うわー!すごい、すごい、素敵、ステキ!
ほんまもんの舞妓ちゃんは、かわいらしくて、凛とした潔さがありますね。
それにお衣装のすばらしいこと!
舞妓ちゃんは京都を着て歩いてると言われるらしいですが、
着ているだけじゃなくて、その意気込みに拍手です。
プロですね~。
今度、君鶴さんにおしえていただいたポーズ、ご伝授ください。
Commented by こけし at 2010-05-12 12:21 x
kaoさん こんにちは♪
京都を着てる・・・なるほどね~うまいこといいますね
まさにその通りです
衣装に着られることなく、身に纏うことができるのは
年齢関係なく、プロだわ!と感心しました
着物を着る女性がこんな機会をもっと経験できたらいいと思います
ポーズね、忘れないうちに伝授しますことよ(^^)
<< 万葉文化館 お茶屋さん 番外編 >>