月下美人

ドキドキしながら 格子戸をカラカラカラ~と開けて ご挨拶

いよいよ 染め上がった反物とご対面です
先生にこちらですよ と言われ目の前にすると なんとも言えない感動です
小さな見本だった色が とっても素敵に染め上がってきました(^^)

前にご主人が 染め上がってちょっと違うと思ったらも一回染めたらいいねんと言われてましたが
やっぱり 第一印象が一番ですね この色でお願いします!と即答でした

国宝を背負うのは 表地の色を考慮して今回は見送りとなりました 

お仕立てあがったら 次は羽織紐を選びます 羽織丈に合った長い物を特別に作ってもらってるそうです
それも又楽しみです~

f0179469_20152761.jpg

前回 白生地を選ぶときに とっても素敵な一枚があり 気になっていました
歌舞伎のお好きな方には たまらないだろう1枚です

f0179469_20164799.jpg

歌舞伎役者さんの文様が 縞模様になっているのです!スゴイ!
これを着て顔見世なんか行こうものなら 注目の的ですね~

いつも写真を撮らせて頂きたいと思いながら 恐れ多いことだと遠慮していましたが
今回 自分の誂えたものだけでもとお願いしてみると なんと 他のもいいですよ~
とすんなりOKしてくださいました 感激です! ありがとうございます!

いいですよ の一言に調子にのって アレもいいですか これもいいですかとカシャカシャ(笑)

f0179469_20234186.jpg

この色 大好き! なんて素敵な訪問着なのでしょう~
上にかかっているのは 型友禅染の松浦屏風 
最初に見せていただいた時から おじゃまするたびに見せていただくことを楽しみにしています

f0179469_2026423.jpg

ぼかし染めの上に染められた形は 「氷割れ」と言って ご主人のオリジナルデザインです
昔 北周りでヨーロッパに行かれた時 飛行機から見た流氷をイメージされてるそうです
先生宅のものは 全部ご主人の一点物作品 呉服屋さんで云われる 作家物 と同じことですね

f0179469_20465923.jpg

床の間の掛け軸も いつも楽しませていただいてますが
今回見せていただいたのは 「月下美人」お月様は描かれていませんが 月を見上げている美人

f0179469_2038291.jpg

溜息が出るほど 綺麗です。。。

今日も ご主人と先生に沢山の事を教えていただき 重陽の節句にちなんだお菓子を頂きながら
楽しい時間は あっという間に過ぎてしまいました

帰りは ルンルンで足取りも軽やかに 河原町まで歩いて帰りました~
途中 伊右衛門カフェもイノダ珈琲も文化博物館も錦市場もどっこも寄らずに スタスタと~(笑)



[PR]
by kokeshi_1103 | 2009-09-11 00:01 | 着物 | Comments(2)
Commented by kao at 2009-09-12 08:24 x
ひゃー。もう染めあがってきたんですね。
なんかわたしまで、わっくわくのどっきどきです。どんなんかなー。
また詳細をおしえてくださいましね。
こんなステキなセンセイのとこで染めてもらえるなんて、うらやまひー。
Commented by こけし at 2009-09-12 23:30 x
kaoさん こんばんは♪
染め上がった反物を前にすると、なんとも言えない感動でした
地模様も色も、目を見張るようなものではないので
他の人から見ると無難な羽織かもしれませんが
私には特別の一枚になりそうです(^^)
又見てやってくださいまし
<< 思い出の花*花寄席 身体に優しいランチ >>