不携帯
f0179469_15331862.jpg

今や どこに行くにも一緒の 携帯電話

携帯を持ってない人は珍しいという世の中になっています

朝 バス停に着いて 携帯を充電したまま 自宅に置いてきたことを思い出した私

バスを遅らせて取りに帰るか このまま不携帯で一日過ごすか

迷った結果 不携帯の一日を過ごすことにしました

ちょっと不安な気持ちではありましたが 過ぎてみればなんの事はなく 返って自由な気分でした



そういえば 携帯を持ったのは 耳の聴こえない人との交流のためからだったな~

メールが出来ることで 連絡が取れるようになり 目の前にいなくても話しが出来るようになった一昔前のあの頃・・・

もちろん 全ての人が使えるわけではありませんが それでも 聴こえない人にとって嬉しいことだったでしょう

今は なんでもメールの時代

でも・・・ 大事な事は 相手の顔を見て 目を見て 話さないといけないと思います

携帯がなかった あの時代を 懐かしく 少し良かったなと 感じた一日でした




[PR]
by kokeshi_1103 | 2009-02-20 00:00 | 暮らし | Comments(0)
<< 四天王寺大師会 念願の >>